活動紹介
ACTION

市内外の企業・団体の皆様と連携・協力し、鯖江版 SDGsロールモデルとして発信します。

WHAT WE DO

鯖江市では、持続可能なまちづくりを進め、「誰一人取り残さない」社会の実現を目指すため、市民や経済界、市民団体、大学等と協働で一丸となって取り組んでいます。
 さばえSDGs推進センターでは、関係する事業・団体の連携を推進していく他、SDGs17の目標達成に向けた取組を発信することで、SDGsの理念を広く浸透させ、市民一人一人が「行動する」ための拠点となることを目指しています。

SDGsとは?

持続可能な開発目標「SDGs(エス・ディ・ジーズ)」とは
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

ACTION

市内で行われている活動の一部を紹介します。

めがねのまちさばえ SDGs推進シンボルマーク ”グローカル” (使用申請書ダウンロード)
2020.09.13
多様なステークホルダーとの連携
2020.09.13
眼育(めいく)さばえプロジェクト
2020.09.12
鯖江市役所JK課・鯖江市OC課
2020.09.12
お問い合わせ
CONTACT